設備仕様

揺るぎない安心感をもたらす、信頼のセキュリティ体制。

関電SOSによる365日・24時間セキュリティシステム

24時間体制で万一の異常を集中監視する、セキュリティシステムを導入。万一火災が発生した場合や、防犯センサーが不法侵入を感知した場合、または非常通報ボタンが押された場合などには、警報音でお知らせするとともに、管理室と監視センターへ自動通報します。監視センターでは状況を判断して関係機関へ緊急連絡を行い、必要な場合は警備員が現場へ急行します。
関電SOS監視センター セキュリティシステムイメージ図
写真:オートロック
かざすだけでオートロックを解錠できる非接触キー

荷物を持っている場合などでも、キーをかざすだけでオートロックを解錠できる非接触キーを採用。わざわざ鍵穴にキーを入れて、回す手間を省きます。電池レスのためメンテナンスフリーです。

エレベーター防犯カメラ&モニター

万一エレベーター内に閉じ込められた場合には、インターホン呼出しボタンを押すと係員と直接会話できます。また、防犯カメラの映像は管理室で録画されるとともに、1階エレベーターホールにモニターを設置してエレベーター内を映し出しています。

写真:ディンプルキー(Clavis F22シリンダー)
ディンプルキー(Clavis F22シリンダー)

各住戸の玄関ドアには約5兆5千億通りもの理論鍵違い数を有した、不正解錠や不正複製が極めて困難なクラビス(Clavis)シリンダーを採用。キーはリバーシブルで使いやすいスティックタイプのディンプルキーです。また、カードの提示がない限りキーの複製ができないユーザーカード方式を採用し、住まいの防犯性をより高めています。

防犯カメラ

共用部に複数の防犯カメラを設置し、防犯体制を強化。防犯カメラの映像は管理室内のデジタルレコーダーによって常時録画されます。(録画映像は一定期間で上書きされます)カメラが作動していることで不審者の侵入を抑制します。

写真:ルーバー面格子
ルーバー面格子

共用廊下に面する窓には、ルーバーの角度を変えることによってプライバシーを守りながら通風、採光を得ることのできるルーバー面格子を採用しています。

写真:カラーモニター付インターホン
カラーモニター付インターホン

共用エントランスの来訪者を音だけでなく、画像で確認してから解錠が行える、カメラ付インターホンを採用。留守中の来訪者の映像も録画可能です。

写真:鎌式デッドボルト
鎌式デッドボルト

住戸の玄関ドアを施錠すると鎌部分が飛び出すため、バール等を利用したこじ開けによる不正侵入が困難です。

写真:防犯サムターン
防犯サムターン防犯マグネットセンサー

ドアに穴をあけて内側のサムターンを回す不正解錠を抑制するため、ボタンを押して、回すというツーアクションで使用する、防犯サムターンを採用しています。

写真:防犯マグネットセンサー
防犯マグネットセンサー

全住戸の玄関ドアに設置。警戒モードにセットされている祭に不正侵入するとセンサーが反応。警報が鳴ると共に、警備会社に自動通報される仕組みとなっています。

写真:ダブルロック
ダブルロック

玄関ドアの上下2ヶ所に鍵を設置し、防犯性を高める事はもちろん、防犯の抑止力としても有効です。

写真:シャッター付ダブルスコープ
シャッター付ダブルスコープ

住戸内が覗かれるのを防ぐとともに、ドアスコープを通して室内の明かりが外に漏れないよう、スコープにスライドカバーを設けました。

もしもの自然災害に備えた防災対策。

写真:防災倉庫
防災倉庫

万一に備え、防災倉庫には簡易発電機や投光器といった防災備品など、非常時に必要な物資をストックしています。

防災マニュアル

万一の非常時において、ご入居者の方があわてず、スムーズに対応できるよう、あらかじめ防災対応内容をまとめておいた防災マニュアルをお引き渡し時にご入居者の皆様にお配りします。

エレベーターの防災対策

地震の初期微動(P波)を感知し、走行中のエレベーターを最寄階に自動停止させてドアを開く地震管制運転(停電時も同様)や、耐震性を高めた、レール部材の強度アップ、地震時自動復旧システムなど、エレベーターの防災対策は多岐に渡ります。

写真:玄関ドアの対震枠
玄関ドアの対震枠

地震による圧力で玄関ドアのドア枠が変形し、玄関ドアが開かなくなることがあります。避難経路を確保するために、ドアとドア枠の間に隙間を確保し、多少変形した場合でも開閉しやすくできるように配慮した設計です。

写真:玄関ドアの対震枠